UCOオイル化計画


UCOと書いてユーコと呼ばれる世界でも有名なキャンドルランラン。ゆらゆらと揺れるロウソクの灯りが、キャンプの夜をより一層趣きあるものにしてくれます。


しかし、このロウソクがくせ者で、揺れると蝋が飛び散り掃除が大変。しかも一本200円!なかなか高価な灯りです。


そんな悩みの解決としてオイル化があります。

オイルランタンの芯をUCOに移植します。

先人たちの開拓によって、部品がピッタリ合う瓶が発見されてます。


その瓶こそ「S&B さんしょうの粉」。七味では大きすぎるしバジルでは小さい。やっぱり山椒!

ぴたっとはまります。あっという間にオイル化完成。燃料にパラフィンオイルを使うと、明るさなど問題ないのですが、燃料費を節約するにはやっぱり灯油。芯の出し入れで光量を調整できるのですが、明るさを求めて芯を出し過ぎると、


黒いススが舞い上がります。あっという間に上のプレートにススがたまり大変なことになります。ススが出ないギリギリのラインを狙います。


芯の長さが決まると、蝋やススに悩まされることなく、優しい炎を眺められます。

光量が落ちてしまったことは否めないので、できる限り効率を上げることにします。


リフレクターを1000番の耐水ペーパーで磨いたあと、ピカールでシャカシャカシャカシャカ磨き続けます。


輝きが増しました。これで下におちる明るさが変わるはず!


覗いてみるとキラキラしてます


う~ん、明るくなった!

細かなことですが、これだけで満足度UP


オイル化には、燃料の持ち運びや転倒禁止などの制約も増えます。しかし、それ故にかわいさがあるのです。LEDランタンになにか物足りなさを感じているあなた、オイル化への道へ。