横倉山で神秘体験


初夏の陽気に照らされて、いざ高知へ

コースの多い横倉山ですが、第一駐車場より登ります。


木漏れ日が気持ち良いですが、気温がズンズン上がっていきます。

少し登ると鎖が出てきます。

1本目の鎖は、見た目怖そうですが、楽々なので登ってみましょう。


なんとなく石鎚の鎖の雰囲気を味わい。2本目へ。

2本目は巻いて進むこともできます。左側は崖っぷちです。

少々怖いかもしれませんが、振り向けば絶景!


いろいろ癒されながら進んでいきます。

ずっと気持ちの良い登山道が続きます。


横倉宮の後ろには馬鹿だめしがあります。

チョイと覗き込むとドキドキ。


ここ横倉山がなにやら特別な空気に包まれているのは、植物が豊かなこともあるでしょうが、なんと言っても、安徳天皇越智陵墓参考地(鞠ヶ奈呂陵墓)でしょ。参考地というところに浪漫があります。壇ノ浦を生き延び、この自然あふれる土佐の山で過ごされたと願うばかりです。


山頂から少しくだると、桂の大木があります。

なんとも迫力のある木のオーラに魅入ってしまいます。


中腹には、杉原神社があります。境内には樹齢600年ほどの巨杉が並びます。大木に目がいってしまうのですが、そっと奥の本殿へ行ってみてください。見事な彫刻に驚くはずです。きっと名のある彫り師の作品だと思います。

杉原神社までは、第3駐車場からすぐなので、かるい散歩として訪れるのもいいですね。


第1駐車場の近くになる織田公園に寄ってみると、桜が満開!ボタンザクラなど、さまざまな桜が咲き乱れています。6月頃にはアジサイ、秋にはコスモスの花が咲くようです。


詳しい行程は YAMAP