四国を代表する苔の森へ

例年より20日以上も遅れて梅雨入り宣言。待ちに待った雨も続き、山もしっかり水分を蓄えてきたので、苔の森で有名な山犬嶽へ。


駐車場よりロードを歩くと美しい棚田が広がります。ホッとしますが、登山口まで、まだまだロード歩き。


この40分のロードが核心です。梅雨らしい湿度の高さに、背中はびしょびしょ。


森の中も湿気は80%を軽く越えてます。全身から汗を拭きだし梅雨を全身で味わっていると、苔がモリモリしてきます。


ここで思わぬご褒美、木漏れ日!

潤い青々と光る水ごけが、一層魅力を発揮します。


石鎚山も登ってみます。低いとは言え、油断はいけません。


小さな苔たちも良い色に仕上がってますね。


展望のない山頂ですが、趣があります。ササッと西峰へいけば崖っぷちからの展望も愉しめます。残念ながら、この日は真っ白でした。


山犬嶽の凄いところは、苔だけでないところ。巨石群も同じぐらい感動します。苔むしたでっかい岩に、コウモリ飛び出す洞窟、岩のトンネルなどなど、魅力いっぱいです。


下りのロードも何のその、一路温泉へ。


色んな活動の進んでいる上勝町は、下山後の楽しみが充実しています。山と、温泉とビール。一年に一度は足を運びたくなる、楽しいお山です。