可愛いカタクリに会いたくて@赤星山

2019年5月4日


令和になり初登山は地元の名峰赤星山

海から一気に1400m駆け上がる富士型の山で、春には強い吹き下ろし風「THEヤマジ風」であらゆる物を吹っ飛ばす、地域密着型の名峰。メジャーな登山口は滝を巡る良コースですが、標高差1000mを越えるチョット気合いが入りますコースなので、今回は少し易しめのコースで山頂を目指します。


そうは言っても標高差700mの尾根道なので、結構な急斜面が現れます。落ち葉に足を取られながらも、ゆっくり確実に登っていきます。


山頂間近になると、道を彩るカタクリが応援してくれているようで心が和みます。山頂の、日当たりの良い場所のカタクリは終わりかけていましたが、日陰のカタクリは美しく花びらをクルリ巻いてました。


山頂には、どんどん人が登ってきます。皆さん爽やかに滝コース(野田登山口)から登ってくるのを見て、元気をもらいました。


そして、白いあの娘にも再会できました。やはり美しい。引き込まれる魅力があります。そっと咲き続けて欲しいものです。


この時期の新緑に囲まれる山歩きが大好きで、ちゅくちょく見上げては滑りそうになり、反省しつつ真面目に歩きました。チラチラでてくる山菜に目を奪われのも危険です。


下山後「みんなのコーヒー」へ。山帰りに海を眺め、コーヒーバナナジュース片手に、今日の山歩きについて、みんなでわぃわぃ話す至福の時を過ごしました。


令和一発目の山歩き、サイコーでした。


詳しいコースタイムなどは、こちら(YAMAP)