メスティン鏡面仕上げ


おうち時間に注目が集まる今こそ、ギア手入れの時!

今回は、みんな大好きメスティンをピカピカにしてみます。


人気急上昇で入手が難しくなっている「トランギア-メスティン」は、90年の歴史を誇るスウェーデン製アルミ食器。

至ってシンプルな構造だからこそ、使う喜びに満ちている一品。飯盒としての能力は、誰もが認めるトップクラスです。

いつも美味しいお米を炊いてくれているメスティン、ピカピカにして感謝を伝えましょう。


ピカールと、耐水ペーパー(1000番)、ボロ布を準備し、メスティンのふたを洗って汚れを落とします。

まず、耐水ペーパーで 縦々横々 シャカシャカ磨きます。

あとはピカールで何度も磨いては拭きあげ、磨いては吹きあげます。磨きは力より回数。テレビでも見ながらクルクルクルクル磨きます。ちょっと飽きてきたころ、、、


ピッカーン!

やればやるほど光ります。僕のやる気はこの程度。


比べてみるとこの通り。う~ん見惚れちゃう。

手を入れれば入れるほど、巷にはびこるメスティン兄弟達と一線を画す 、俺のメスティンに成長していきます。


もちろん、内側も磨いてます。

キレイだけでなく、汚れも付きづらい実用性!(たぶん)

みなさんも、おうち時間を利用し、愛しいギアを育ててください。


勢いで赤ふたバージョンを作ってみるのもお勧めです。

お米が三倍速く炊けるという噂も、、、、、。